土地購入で検討する事

土地の購入を検討するって本当に難しいですよね。何から考えていかないといけないのか?何を基準に考えれば良いのか?場所、サイズ、形、費用・・・。考える事が多すぎてなかなか前に進めないという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、私なりの視点で土地を購入する際に考えた事や気をつけた事などなど綴っていきたいと思います。

まず始めに、土地とは

余談かもしれませんが、土地を購入するとはそもそもどんな事なのかと言う事について触れてみたいと思います。

土地とは、陸地であってその中で資本や労働を生み出す事が出来る場所。すなわち有形固定資産として分類される陸地が『土地』と定義されています。はるか昔の戦国時代から人が戦争を繰り返してきたのは、土地を支配しその土地で財を得る為の抗争が繰り返されてきたわけですね。そして、今ではその土地は市場で取引きされる事が一般的です。

はるか昔の考え方では、土地は『公地』国民は『公民』と定められ土地は日本国所有のもので国民に対し土地を分け与えられた時代もありましたがその土地は2世代後世までしか引き続きが出来ない定めでした。いわゆる『班田収授』と言うやつですね。その後、『墾田永年私財法』が定められ、人は何世代にも渡って後世に土地の権利を残していけるようになりました。この時の制定が現在の土地の権利所有の元になっていると思います。色々と複雑な時代背景と時代の変化に沿った法律も絡み合って現在の法律が成り立っていますので、この辺りは割愛させて頂きますが、土地を購入するという事は今でも土地そのものを買う訳ではなく、あくまで土地は国有のものであり土地の権利を無期限で購入するという事ですね。

土地を購入するにあたっての考え方

まず、土地購入を検討する際に考え方をいくつかに分けて整理をし、一つずつブレイクダウンしていく考え方が分かりやすいかと思います。

最も大事な事で初めに考えなくてはいけないのが、生活していく上で何を第一基準に置くか。私自身もこれには相当悩みました。人によっては、様々な考え方があると思います。職場への通勤や利便性、周辺エリアの治安や環境、ご近所とのお付き合いなどなど。

私自身がまず第一に考え判断した基準は、私自身が生まれ育った地域いわゆる地元に土地を購入するという事でした。それは、自分が長男でもあり両親が近くに住んでいると言う事、合わせて奥さんの地元も同じであり、そちらの両親も近いと言う事に加え、地元というのは小さな頃から生まれ育った場所で地域の特性を初めからよく理解出来ているという事。それから子供達も小学生となっていた為、出来るだけ転校させたくないとの思いや私自身の職場も近かった事もあり現在のエリアに決めました。本当の事を言うと田舎のスローライフに憧れがあり、緑に囲まれた生活もイメージを膨らませていましたが、家族会議での結論は、今の生活スタイルを変えないと言う判断でした。

あくまで現在の生活スタイルと利便性は確保すると言う条件でしたが、この条件だったからこそ判断出来たと言う事もあります。たまたま、駅の近くという事もあり、それなりの利便性が確保出来ている場所は誰でも住みやすいエリアです。逆に言いかえると誰でも住みたいエリアという事です。人が集まるエリアは、土地の格もそれなりにしますが、それだけ需要があり価格も安定していると言う事。私自身、家の購入は二度目となり初めて購入した家は現在の家の目と鼻の先ですが、すんなりと希望価格で売却が出来たと言う事です。この事からバリバリ働くうちは利便性に重きを置き、もし将来的に生活スタイルが一変してしまってもそれなりに売却や転貸も検討でき、身動きの取りやすさを重要視した訳です。

どんな土地を購入すれば良いのか

どんな土地が購入出来るのか?ある程度、どんな土地でも土地自体を購入する事は出来ますが、家を建てるのに向き不向きの土地が存在します。ここで大事なのが、『用途地域』です。用途地域は、細かく分けると13地域程ありますが、大きく分けると『住居』『商業』『工業』の3タイプに分ける事が出来ます。国が都市計画法で定め人が住みやすい街づくりを考え用途地域が細かく分けられています。用途地域が異なると土地の中に建てられる建物のサイズ(建坪率や容積率)が事なります。この辺りは、あまり気にせずとも住みやすそうなエリアを決めれば大抵の場合は、住居地域だと思います。但し、土地の用途地域は数年程度で見直しが進められますので、住居系だと思っていても以前は、工業系の土地だったりという事もよくあり、周りを見渡すと工場が割と多いなんて事もあるかと思います。そういった土地は、割と工場への運搬する大型トラックなどの行き来も多く、騒音問題や子供にとって危険なエリアともなりますので、注意が必要です。

投稿者: wonderfjp

1983年生まれ 小学生の子供を持つ2児の父。 他趣味で新しい事には目がなく、すぐに飛びついてしまう性格😅 ご覧頂いたすべての方の生活が今よりも少しだけ幸せになれるように、【家づくり、アウトドア、車、自然、暮らし】にまつわる様々な情報を発信していきます。

コメントを残す