我が家が2度目のマイホームを購入した訳 『前編』

2度目のマイホーム、BESSの家

人生で初めてのマイホーム決断

私が人生で初めてマイホームを決断したのが、23歳の時でした。

当時の私は、まだ若くして今の奥さん(同い年)と結婚をし、この決断をするまで1LDKの賃貸アパートに2年程二人で同棲という形で住んでいました。そして、結婚を決めたと同時にマイホーム購入の決断に至りました。

この頃の私は、考えもまだまだ浅く賃貸住宅で10万円近くの家賃を支払うくらいならマイホームを購入してしまった方が得策だろうという思いと23歳で住宅ローンを35年で借りても返し終わる頃は57歳。決断するなら早い方が良いとの考えで結婚後の家庭の状況も想像出来ないままにマイホームを購入しました。

購入するにあたって、前回の記事でもお伝えした通り私達夫婦は、もともと同じ地元ということもあり、自分達の地元にマイホームを構えようということで地元近隣の建売住宅やマンションなどいくつかの物件を探して周りました。当時の私は、運良く現在の会社で管理職についていた事や会社の規模や業績に信用度も高く23歳のヒヨッコの私でも何の問題もなく銀行から住宅ローンの借り入れが出来たことも幸いでした。

初めてのマイホーム購入で悩んだ事

まだまだ、若かった私が人生経験もままならない中でマイホーム購入時に悩んだ事。

  • 駅の近くで分譲マンション
  • 駅から離れた建売戸建住宅
  • 駅もそれなりに近い建売戸建住宅

今思い返すと不思議ですが、当時の私は考えに余裕もなく注文住宅は高くて非常にめんどくさいというイメージで自然と選択肢からは除外されていきました。

そして、いくつかの建売戸建住宅や分譲マンションを回りながら考える内に一つの結論に至りました。

マンション購入の場合、どうしても住宅ローンの返済に加えて管理費や修繕積立に駐車場代が永久的に発生するという事でした。単純にこれらの費用が毎月3万円程度としても35年で1,260万円!戸建住宅であれば、修繕積立は除いても約1,000万円近くは節約出来るだろう。あるいはそれだけ予算を多く計算に入れられるだろうとの考えでマンション購入を却下し、戸建住宅に的を絞りました。

戸建て住宅選びで悩んだ事

まず一つ目が駅からの距離でした。私は当時、会社へは車で通勤していましたが、奥さんが電車通勤をしていました。これからの将来を考えても私自身、車通勤の会社に勤め続けるかどうかもわからない中で、我が家の決断はある程度、駅やバス停が近くスーパーや病院に学校なども近い子育てにも優しい住みやすいエリアという事でした。

しかし、ここで思わぬ悩みが・・・。当たり前のことではありますが、利便性を追求すればするほど土地や家の面積が小さくなるということでした。駅から離れると車は2台駐車スペースが確保出来ましたが、駅の近くになると駐車スペースは1台分。当然、庭などあるはずもありません。そこで目を付けたのが、狭小の土地に建てられた3階建ての戸建住宅でした。

もともと、住んでいたアパートが一階だった事もあり『家を買うならリビングは2階』と決めていた私。一階のリビングは、夜なかなか窓を空けておくという事も防犯上難しく、空き巣にも狙われやすいだろうとの思いで2階リビングを検討していた事もあり、自然と3階建ての家を探すようになりました。

駅が近い為、駐車場は1台で問題なく、2階リビングのある家という条件でいくつかの物件に絞ることが出来ました。

残す所は、どういった工務店が建てた家か3階建てという事もあり、構造はどんな造りをしているかなどでした。そして、運良く地元の工務店さんが建てた軽量鉄骨の3階建住宅に巡り会う事が出来、内覧会でお邪魔した翌日に人生初のマイホーム購入を決断しました。

初のマイホーム

のマイホーム生活のスタート

人生で初めてのマイホームという事もあり、夫婦揃ってワクワク気持ちが高揚していたのを覚えています。この頃は、後に様々な落とし穴が待ち受けているとも知らずに、、、。

この後のお話しは、また次回のブログに綴っていきたいと思います。

それでは。

投稿者: wonderfjp

1983年生まれ 小学生の子供を持つ2児の父。 他趣味で新しい事には目がなく、すぐに飛びついてしまう性格😅 ご覧頂いたすべての方の生活が今よりも少しだけ幸せになれるように、【家づくり、アウトドア、車、自然、暮らし】にまつわる様々な情報を発信していきます。

コメントを残す